タイマイ幼稚園

先日、ガルメアウス島に行くとパラオ人がバケツを持ち歩いています。

ただのパラオ人ではなくレンジャーぽい感じの人ですが。。

「おいで」と呼ばれて見に行くと、バケツの中にはカメの赤ちゃんです。

c0326010_15420047.jpg


このちびっこガメ、「タイマイ」の赤ちゃんです。

パラオでよく見ることのできるカメで「タイマイ」と「アオウミガメ」がいますが、

タイマイの方が絶滅危惧種なので少ないのです。

ちなみに甲羅がべっ甲細工の原料になります。

そんな貴重な赤ちゃん!!

なんとバケツの中で泳ぐ練習中だとか。。。


c0326010_15420192.jpg
一生懸命潜って、穴の中を抜けようと・・・若干出口が分からなくなりパニック気味。。

まだまだ練習中ですから(^_^;)

c0326010_15415988.jpg
ここで豆知識①タイマイは1回に96~200個ちかく卵を産むそうです。

おそらく自然保護なのですが、島の周りで放流するのかな?なんて思ってたら。

このバケツ・・・コロールに戻る船が来たら一緒に持って帰っていました!!

なんと移動式幼稚園のようです(笑)

c0326010_15420047.jpg

すくすく育ってくれるといいな~

NAO






[PR]
# by CC-nao | 2017-07-31 15:48 | Comments(1)

ヨスジフエダイ

7月に入って南風に変わってきました。

最近ゲロン方面に行く機会もちょこちょこあります。

ちょっと深めの水深で『ヨスジフエダイ』の幼魚発見。


いろんな所に幼魚はいますが、個人的に今までで一番小さい幼魚でした!!


なんだかスズメダイの幼魚くらいの大きさでかわいいです(*^_^*)


c0326010_15292140.jpg


成魚になると比較的群れていることが多いですが、幼魚の時期は一匹でいることが多いような気がします。


小さいのが群れてても、それはそれでかわいいのですが❤


c0326010_15292041.jpg


NAO




[PR]
# by CC-nao | 2017-07-31 15:33 | Comments(0)

ローランドデモイセル

先日ジャーマンチャネルで潜っている時に奇跡の出会いをしました!!

ずっと見たかったスズメダイのうちの1匹です!!

初めてパラオで見つけました!!

『ローランドデモイセル』


c0326010_15264237.jpg


見つけた時のテンションの高さと紹介された時のお客様のテンションの差。。。

笑えるくらい温度差がありました( ̄▽ ̄;)

フィリピンやチュークでは普通種でたくさんいるようですが、パラオではレア種!

今なら見えます!パラオで!!


フィリピンでは体の後方が白っぽく、インドネシアでは体の後方が黄色っぽいものが見られるそうです。

この子はインドネシアの個体に近いようです。

c0326010_15264121.jpg

でもどこから流れてきたのかな?

大きさ的にはまだ幼魚です

写真はお客様のTG-5をお借りして撮りました!

最新のTG-5、ピントがバシバシきて楽しいです(笑)

いつまで居てくれるかわからないので、皆様お早めに!!

NAO


[PR]
# by CC-nao | 2017-07-31 15:28 | Comments(0)

リサーチ

先日リサーチダイビングに行ってきました。

内湾をメインにリサーチしてきました。

沈船以外にどこか・・・という事でロックアイランドの周りやど真ん中。

いろいろ行ってきました。

水深の浅くてなかなか行かないような所に綺麗なサンゴ達が!!


c0326010_15244341.jpg


しかもデバスズメダイなど、内湾で見られるお魚もいっぱい!!


c0326010_15244465.jpg
c0326010_15244469.jpg


体験ダイビングで潜ると楽しすぎてしょうがないようなポイントでした

ファンダイビングでもゆっくりマクロ好きな方にはいいかも。

機会があればもう少し潜り込んで使えるようにしたいです。

NAO


[PR]
# by CC-nao | 2017-07-31 15:25 | Comments(0)

ホホスジタルミ

やはりパラオに来たからには綺麗なお魚やダイナミックな群れ!!というイメージが多いですよね。

しかし、今日はパラオで見える地味(残念)なお魚ランキングに入っていると個人的に思っている魚を

紹介します(笑)

そんな中でもベスト3にはいっているであろう『ホホスジタルミ』。

成魚はマダラタルミくらい地味です。

地味すぎて成魚の写真をしっかり撮った記憶がない・・・(失礼ですよね)

しかもフエダイ科。他のフエダイの仲間から想像できないくらい地味です。

気になる方は検索を。

しかし!!幼魚の時代はすごくかわいい


c0326010_15224761.jpg

幼魚の時代はヤギ類やウミシダなどに隠れているためバックも綺麗で写真ばえします!!

どこでどう間違ってしまうのか・・・

いるときはひっそりいるのでぜひ探してみてくださいね~

NAO


[PR]
# by CC-nao | 2017-07-31 15:23 | Comments(0)